YAMAZEN 2018年冬 暖房特集 2018年冬 おすすめのヒーター・電気ストーブ

2018.10.26

2018年冬 おすすめのヒーター・電気ストーブ
エアコンなどでお部屋全体をあっためているのに、足元がなんだかさむ~い・・・なんてことはありませんか?そんな時に便利なのが小型のヒーターや電気ストーブ。
そこで2018年 YAMAZEN冬物新商品の中からおすすめの電気ストーブやセラミックヒーターをご紹介します♪

まずは、「暖炉型ヒーターYDH-SK10」。高級感のあるアンティーク調のデザインが特徴で、まるで本物のような暖炉のゆらめきが楽しめます。薪や炎の光は照明(疑似炎)なので熱くありません。
2018年冬 おすすめのヒーター・電気ストーブ
操作方法はとってもシンプル。本体右側にある操作部で、ヒーターや疑似炎の入・切、強弱などを調節できます。温風だけ、疑似炎だけでも運転出来ます。温風は本体の下から出てきます。
2018年冬 おすすめのヒーター・電気ストーブ
スイッチを入れるだけで、まるで本物のような暖炉の炎を楽しめますよ。サイズは写真の幅41×奥行27×高さ55cm(YDH-SK10)タイプの他、より小さな幅37×奥行19.1×高さ45cm(YDH-J10)タイプと、より大きな幅51.5×奥行35.5×高さ60.5cm(YDH-SL10P)タイプと3サイズあります。
2018年冬 おすすめのヒーター・電気ストーブ
次におすすめなのが、「温度センサー付セラミックファンヒーター DHF-K12」。温度センサーが室温を監視して、自動で運転を制御して一定温度に保ってくれます。4段階の室温(16℃、20℃、24℃、28℃ ※)が選べて、無駄な暖め過ぎがないので、とってもエコ!

※ 条件によって実際の室温とはずれが生じる場合があります。
2018年冬 おすすめのヒーター・電気ストーブ
大きくて見やすい室温表示で、常にお部屋の温度をチェックできます♪ とってもシンプルなデザインなので、自己主張し過ぎることなく、どんなお部屋にも馴染んでくれます。カラーは写真のブラックの他、ホワイトもあります。
2018年冬 おすすめのヒーター・電気ストーブ
次におすすめするのは、こちらの「ツインヒートプラス DBC-J122」。
DBC-J122


「カーボン」と「シーズ」の2種類のヒーターを使用しているので、つけ始めは速暖性のカーボンヒーターで速くあったか、暖かくなってきたら遠赤外線のシーズヒーターで芯までぽかぽかに。それほど寒くない時期は真ん中のカーボンヒーターだけ(300W)で、ちょっと寒くなってきたら両サイドのシーズヒーター(900W)で、本格的に寒くなってきたらカーボンとシーズヒーターの両方(1,200W)で、と寒さに合わせてあたたかさを選べます。







☆★ご紹介した商品はこちら★☆

YDH-SK10

暖炉型ヒーター

YDH-SK10

DHF-K12

温度センサー付セラミックファンヒーター

DHF-K12

DBC-J122

ツインヒートプラス

DBC-J122